スポンサードリンク

秋田県では緩和ケアに対する取り組みを積極的に進めている中で、特にがん患者のQOL(生活の質)改善の為に日々研究を重ねながら進めています。年二回研究会を開催するなど、緩和ケアの重要性の啓発や、一般市民への認識を広めることにも重点を置いています。やはり、市民が参加するようにならなければ緩和ケアの発展は望めないのかもしれません。

但し、実際の運用をするためには医師の力が必要不可欠になるのですが、肝心の医師が不足していることが課題であり、秋田県では全国平均を大きく下回っている医師数の底上げが重要視されています。今後はより一層の人口減が懸念されている中で、交通インフラの整備が進んでいるという少しチグハグな面も見られますが、交通利便性は大変良いので救急患者の輸送などには全く問題は見られません。

秋田県の医師の求人はそれほど多いわけではなく、県全体での既存の各医療機関の取り組みをさらに強化する必要があるのかもしれません。

秋田県といえば

豪雪地帯と知られる秋田県は、内陸部を中心に一晩で1メートル程度の降雪がある日も決して珍しいことではありません。雪が多いことで大変な想いをすることもあるのですが、逆に雪を利用したかまくらは秋田ならではの冬の風物詩でホッと和む一時でもありますし、他にも秋田ならではの風物詩を楽しむことができます。
なんといっても温泉が県内各所にありますので身体を癒やすことができますし、スポーツが盛んに行われていますので、スポーツ施設が人口の割には非常に多くなっています。

また、沿岸部ではそれほど雪が積もることはなく冬場でも雪で困ることはそれほどありません。さらに近年では、雪を水資源やエネルギー資源として活用しようという動きも見られます。

なにしろ、雪が多いことで水資源には困らず、その豊富で良質な水を活かした秋田の米はトップクラスです。
名産の「あきたこまち」の炊きたてご飯は、ほかのどのブランドにも負けないのではないか?と個人的に思っています。

秋田には美味しい食材がたくさんありますので、都会の暮らしに付かれた方にとっての移住先の候補としては最高の場所といえるでしょう。 
スポンサードリンク

福島県では在宅医療の連携について、まだまだ遅れが見られることもあり、地域住民の不満が高いということが問題視されてきたということがあります。さる東日本大震災で、この事実がさらに顕著にあらわれたことはひろくしられているのではないでしょうか。

そこで、行政や医師会とが連動して作る新しい在宅医療介護の形を作るようにようやく変わり始めています。

ITを利用しての医療情報共有方式を導入し、まだ全県をカバーするまでにはなっていないものの、今後の導入促進については、確実に進むと期待されています。

医師の求人数は福島市、郡山市、会津若松市などが中心ですが、一方で過疎化が進む医師の求人も少なくありません。

しかし、開業医の在宅医療への参加が進んでいないこともあり、今後の対応、開業医の積極的な在宅医療への参加が期待されるところです。

福島県について

東北最南部にある福島県。関東と東北の両方の文化が入り混じっている特徴があり、県中央部の中通りでその傾向が強く、郡山市では関東方面に強く影響を受けている一方で、会津地域や沿岸地域では独自の文化が発展していると言えるでしょう。

3つの地域を区切るように山地、山脈がありますので、同じ福島県ではあるものの、それぞれの地域で歴史、文化に違いがあります。

それぞれの地域ごとにあまり仲がよろしくないという話も聞かれますが、実際のところはどうなのでしょうね。
 
スポンサードリンク

山口県の医療業界では医師不足の解消のために行動をしています。
将来的な人口減は否めませんが、医師不足が進む現状は大きな問題となることから、若手の医師の育成にい力を入れています。

特に外科医の不足は深刻なものであり、県内で働いてもらうことを目的に修学資金制度を取り入れて外科医を始めとした医師を育てることを目指しています。

また、山口県としては全域で外科の最先端治療が行えるように、各医療施設の機器の充実を図ることや医師の求人にも力を入れています。

実際、山口県内の求人を見ると、待遇面に改善が見られており、給与も福利厚生についても以前よりも向上し、広島県に負けず劣らずといった状況になっています。

山口県といえば

本州の最西端に位置する山口県。
他の中国地域と比べて交通網の整備がきちんとされているという特徴があり、市道などでも広い道路が多いということで知られています。(恐らく力のある政治家を多く輩出していることが要因)

また道徳教育が盛んに行われている県であり、子育てや教育に良い環境としてファミリー層にも注目されているようです。
住環境も日照時間が長いことや賃貸物件の安さと不動産価格の安さ、犯罪率の低さなどが挙げられることから住みやすい県であると言えるでしょう。

山口県といえば何と言っても河豚でしょう。
県内全域で美味しいフグが食べられるお店がたくさんあります。
⇒ 協同組合 下関ふぐ連盟も参考にどうぞ。


↑このページのトップヘ