ブログネタ
インスタント食品に加える簡単な一品、おすすめは? に参加中!
岐阜県の婦人科の医師は全国の平均を上回っており、安定した医療が進められているのですが、一方では、全国的に医師の数が少ない状況になっており、岐阜県の婦人科の医師数が平均値以上だとしても決して喜ばしいことではありません。

全国的に少ない婦人科の医師は申告な問題ですが、岐阜県でも確実に減少し、婦人科医療は崩壊へと進んでいるのです。

このようなことがあるため、岐阜県としては医療施設の集約化をし、充実した医療を提供できるような取り組みをしています。集約したことで若干は不便だと思われる地域もあるのですが、各医療圏に高度な医療体制を整えた医療施設があることで比較的安定した医療体制の実現が出来ているようです。

このような状況のため、以前よりも医療施設の数こそ少なくなっておりますが、医師不足の影響がありますから医師の求人数が多くなっております。特に女性医師の求人が増えている状況になっています。しかし、女性医師が安心して働くためにはまだまだ職場環境の改善が必要だといえるでしょう。女性が安心して働ける労務環境の改善は全国的にも喫緊の課題と言えます。

岐阜県について
日本の人口重心の真ん中に当たる岐阜県。
地域によっては急激な高齢化が進む地域もあり、また人口が減少し過疎化が進んでいる地域もあり、2040年には自治体そのものの消滅する地域もあることが危惧されています。人口は転出の傾向にあり平成21年以降は転出超過の状態が続いていることも大きな問題です。

岐阜県の特産品といえば色々とありますが、飛騨アイスクリームは絶品です。
飛騨で生産された新鮮で高品質の搾りたての生乳と生クリームをたっぷりと使用し、飛騨酪農農業協同組合の牛乳処理工場で製造したアイスクリーム。 
 
甘さを抑え、牛乳と生クリームの風味が豊かです。
 
中部地区の観光地の売店他、全国各地へ宅急便で配送されています。 

スポンサードリンク